HOMEよくある質問植栽について >芝のオーバーシーディングって何ですか?

芝のオーバーシーディングって何ですか?

暖地型の高麗芝は冬になると葉が枯れてしまいます。一年中、緑を楽しむために寒地でも丈夫な西洋芝の種を夏の終わりから秋にかけて撒くことをオーバーシーディングといいます。
まずは9月下旬頃から頻繁に芝生(高麗芝)を短く刈り込みます。
サッチ(刈りカス)をキレイに取り除き、オーバーシーディング専用の洋芝の種を満遍なくまきます。しばらくは乾燥しないように水遣りを一日最低一階行うことが大事です。大体1~2週間で発芽しますので5センチくらいまで伸びたら再度刈り込んでいきます。
春になると洋芝が弱り高麗芝が勢いを増すので、トランジションと呼ばれる管理を行いますが、一般的にはむずかしい手法なので混植メンテナンスで短く刈り込むメンテナンスをおススメいたします。
不明な点はお問い合わせください。