メンテナンスにて

妻から一言

春はお花の季節なので、OBのお客様のお庭のメンテナンスが多くなります。本日も早朝の夜明けとともに一件うかがいました。

あまりに忙しいと人手が足りません。

すると登場するのが、私の奥様!

先日、偶然二件のメンテナンスに連れていったときのこと。

10時の休憩時にお客様から出していただいたお茶とお菓子に

ビックリ!!それはもう、デパ地下?ってくらいたくさんのお菓子

が登場!!はい、テーブルいっぱいでしたよ(四人分)!

それはもう美味しくいただいたのですが、問題は午後起きました。

午後は別のメンテナンスでしたが、そこで3時のお茶の時間です。

お客様「お茶ですよぉ」  我々「はーい、ありがとうございまぁ・・す」

これまたスゴイ豪勢なお菓子がいっぱい!!(四人分)

お客様「これ、娘が手作りしたお菓子なの。天然酵母作りからやった

本物の天然素材のお菓子ですから。で、これが(以下、省略)

・・・おなかいっぱいになりました。ありがとうございました!

帰りの車中で妻が一言

「あなた、いつもこんな贅沢なお菓子食べてんの?ずるい」

いや、今日がたまた凄すぎただけで、いつもこんなじゃないよ。

妻「あんだけ食べたら晩御飯いらないんじゃないの?しかたない、今度から植栽とか現場仕事も手伝ってあげよう!」

いやいや、あなた誤解ですから。

お客様にお願い。妻にお菓子を与えないでください!