HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >恋は名前を付けて保存

恋は名前を付けて保存

2008年10月のネタ

どうでもいい話かもしれませんが、男はいつでもロマンティックな

生き物(うざいだけかもしれんけど)です。

———————————————

恋バナ?ネタですが、御笑読いただければ幸いです
秋の夜長のロマンチックジェネレーションですなんのこっちゃ

恋愛法則で
『女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は名前を付けて保存』
というのがありますが、ご存知でしょうか?

言い得て妙な珍言ですが、たしかに女性は過去の恋愛に対してドライというか、冷静と言うか・・・。で、男は昔の彼女がどうだった、とか純愛だったとかなんたらかんたらうるさい

一日の終わりの反省をしてたら今日は以前お付き合いさせていただいていた元カノの誕生日だった、ってことを妻と話してました(奥さんもよく知ってる話)。

最後にその女性から電話がかかってきたときはすでにお別れしていて、相談事だったのですが、ちょうど今の奥さんが彼女だった時でドライブデート中でした。

助手席に座る彼女(現・奥様)を気にしながら話していたのですが、話の内容が真剣なものだったので襟をただし、きちんとお話してました。内容を理解した彼女は文句も言わず聴いてました。

で、元カノが「誰かいるの?」と質問。僕も正直に「○子さん」と言ったら「多分そうかなって思ってた、電話変わって」というのです。ドギマギしながら電話を渡すと二人が僕の話で盛り上がって、最後は互いに涙の僕の引継ぎ式?に

今日奥さんにその話をしたら
「その頃の自分に言ってやりたい。はやまるな、って」と言われ僕のセンチな気持ちは台無し・・・。

で、その女性がどうだったとかはここで書く必要もないのですが、名前を付けて保存していただけあって、思い出は美しいのですよ

今、どこで何をしてるか知りませんけど、いつか街中で偶然会えるときがあった時、「ほら、こんなに僕は成長したよ」と胸を張って言えるのかな?

よく同級生とか知り合いに街中で出会うけれど、そのときに感じるオーラみたいなものでその人の人生が見えるような気がしませんか?表情やしぐさ、振る舞いなどの「非言語コミュニケーション」の部分ですけど、どんなに良い言葉を使っても全然伝わらない時がありますもんね。

いつ、どこで、誰に会うにしろ、いつも笑顔でいられたらいいですね。
そんなことを思った今日の日記でした。

追記

佐賀駅前を歩いてたら「のだくーん」という女性の声!キョロキョロ探したら駐車してる車の助手席から高校時代のクラスの憧れのマドンナ(古!)が手を振ってるではないですか!さらに美しくなって!!
そのときの僕の表情は・・・下向いてボケーっとしてました。反省