HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >Singapore garden festival2012の写真

Singapore garden festival2012の写真

昨年二宮隊長のお庭を作るため佐賀からシンガポールに行ったときの写真。
佐賀から世界へ、第二段のブログです。

2012年7月に二年に一度のシンガポールガーデンフェスティバルに

日本代表の二宮さんの作品の手伝いでいってきました。その時の写真を

いくつかアップいたします。

ちなみにこれがパス。シンガポール政府の発行によるもので

とってもセキュリティがしっかりしています。

 

なぜならリークアンユ-氏(シンガポール発展の英雄、元首相で経済的独裁を行った)や

その家族(息子も元首相だったりする)、国の重鎮たちが開催に先立ちパーティに参加

してくるから。国をあげての大会です。

今現在、アジア最大のガーデンショー(英国王立園芸協会が関係しているもののなかでも)であり、HTBのGardeningWorldCupもこの大会にいつの日か追いつけ追い越せで頑張っていたりする。

これが二宮さんの作品の一部。とても洗練された日本の美を感じます。

ちなみにこれらの灯篭とか部材もほとんどシンガポールで入手可能です。

ていうか、最近は日本国内でも中国からの商品が蔓延していますけど。。。

 

で、この作品はアンデルセン童話の世界を庭に表現したものです。

美しいです。素敵です。

これはなんだったか。。。。覚えていませんが面白い作品でした。

で、タイのデザイナーさんの作品。この二か月前に作った私の作品と

コンセプトが一緒だったので、すわ、パクリか?と私の周囲だけニヤニヤ

笑っていましたが、そんなわけあるはずがない。

ま、世界基準だ、ということで。。。誰が?私がwww

 

で、これがマブダチ(勝手に言ってるけど)アンディスタージョンの作品。

やっぱり洗練されている。で、この天井の丸い穴の意味はなんだ?って

現地で訊いてみた。いろいろ難しいことを言ってたが最終的に

「007でこんな穴から兵士が下りてきたとこからインスパイアされた」って。

それ、丹波さんとか出てた007は二度死ぬって奴じゃない?日本が舞台なやつ。

そんなバカ話をした思い出。

 

これは好きな作品だったけど(フラワー部門)、ガンガン効いてるエアコンのせいで

翌日には風船が床に降りてきて、デザイナーが失望してたのがかわいそうだった。

いろんなことがあるけど、この写真が唯一ショーの前に撮った奴でかろうじて記録。

NZのデザイナーの作品。ハリウッドも真っ青な偽の岩を使った

巨大な作品。地震、岩崩れ、投影、植栽、ギミックが効いていて

素敵な作品だった。

 

まぁ、こんな感じで素敵なショーでしたが、まだまだ写真が200枚。

 

また今度どこかで紹介しますね。

 

今日のところはこのくらいで。