HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >RHSJ(英国王立園芸協会日本支部)会報より

RHSJ(英国王立園芸協会日本支部)会報より

今月もやってきました機関紙が。

毎月、英語版と日本語版がやってくるRHS会員特典。

他にもいろんな庭を特典付きで見学できるメリットがあります。

英国王立園芸協会日本支部、って名前はパリス中野吉祥寺店みたいな

紛らわしかったりしますけど、これはれっきとした本物のガーデン協会です。

 

年会費も16000円程度?おすすめです。

そんな会報に今年で100周年のチェルシーフラワーショーに寄せてという

企画で公私ともにお世話になった石原さん、シンガポールでお世話になった二宮隊長

ハウステンボスでお庭を造らせていただいた関晴子さんの三人が寄稿されていました。

 

世界は広い、けれど、世間は狭いなぁと。

The world is large.
However, the world is small.

ほかにもたくさんの研修や情報が掲載されていますので、ぜひご活用ください。

会員割引はハウステンボス入場料なども特典でありますよん!

 

 

で、今日も初めてのエクステリア商品を使ってみた!

タカショーのエバーアートウッド?とかいうアルミなのに木のような製品です。

わかるかな?奥の門柱の笠木に使ったりしました。

うん、これはよい製品です。次からこれも選択肢ですね。

 

で、シマトネリコを植え込んで、花壇を作りましょう!

土曜日に重機と人間入れて仕上げます。

 

さてさて、ガムバロ!