11月15日は

今日は何の日?

生コンの日だったり、こんぶの日だったり、コカコーラのあの味が、町のウェイターが間違って炭酸水で割ったために誕生した日だとかいろいろありますが、少しだけ龍馬に被れた人ならばご存知の通り?京都の近江屋で坂本龍馬が暗殺された日です。

 

大政奉還の道筋を整え、まさに今からの時に暗殺された龍馬。

いかばかりだったでしょうね?

ま、司馬史観ドップリですので、歴史学者のようなことを言うつもりもないですが、坂本龍馬という男、やはり若いときに被れるのはいいことなんじゃないかな?って思います。息子にも高校生になったら読むようにと、本をすでに渡しております。価値観の押し付けであろうが、良いモノは次代に残していきたいものです。

 

政治の世界は魑魅魍魎でどんなに志高く生きていても、どうにもならないことばかりらしいですね。どんな人物であっても、硬直化した考えを持つ集団の前では太刀打ちできないようで。。。。

 

って、ある政治家さんが決断された姿を昨日見せていただきました。

以前、勉強させていただいた塾でも有名な人で、人なつっこくて、気さくで頭のキレル印象しかありません。

あの志高く頑張っていた人が、あのように雁字搦めで何もできなくなる今の政治のおかれている環境には絶望するしかありません。と、同時に国の未来に暗澹たる想いです。

あの集団は嫌いですが、あの人は好きです。

なぜ16日なのか?ここまで問題が大きくなるまで待っていたのか?

わかりませんけれども、龍馬の命日の前後、このような動きがあったことは、私にとっていろいろ考えさせられることになりました。

 

ちなみに、坂本龍馬の命日でもある今日は、彼の32回目の誕生日でもありました。

※(旧暦のことですから、いまならば12月になります)