HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >日本の底力と感謝の心

日本の底力と感謝の心

ノーベル賞の喜び!

体のあらゆる細胞になることができる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に成功し、ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大教授の山中伸弥さん。これまでの研究生活を「途中でやめたくなることもある、大変な二十数年だった」と振り返り、「笑顔で迎えてくれる家族の支えがなければ、研究を続けられなかった」と感謝の言葉を述べた。

以上写真と記事はyahooニュースから抜粋。

————————————————–

難病で苦しむ全ての患者のもつ、一日、一ヶ月という時間を常に心の中において研究されているそうです。

 

難しいことはまったく解らない私ですけども、今回の受賞が成果としての受賞ではなく、これから未来の希望に対してであることからも、研究の素晴らしさを感じさせてくれます。

 

「日本が取らせてくれた」という発言。もちろんさまざまなロビー活動がノーベル賞の舞台裏があるのでしょうけど、ここは素直に日本の高度な教育や、素晴らしい研究環境があることとして受け止めておきましょう。

これを機会に、日本という国が未来への投資を積極的に行う国になってほしいと思います。もっともっと日本の底力はあるのですから、なんとも言えないこの閉塞感を、戦後日本で初めてノーベル賞を受賞された湯川秀樹先生のときのように、吹き飛ばして日本の素晴らしい一面を再発見できるようになれば、と願います。

ココ最近で一番心が躍るニュースでしたので、書いてしまいました。

(※湯川秀樹先生のことは、小学生の頃伝記を読んでファンになってしまった過去があります。理系にはいきませんでしたけどね!)