夏の終わり

セミの声がすっかり小さくなりましたね

福岡の海へ、ぱちゃぱちゃ行ってみました!

って、夕方!

80年代のホラー映画だったら、真っ先に殺されてしまいそうな、また

全国の娘を持つお父さんならば、必ず憎悪するであろう若者達を横目に、少し「いいなぁ、楽しそうだなぁ」という気持ちを表情には出さずに、海を満喫しました!(一時間くらいだけど)

くらげがいっぱい出現していたので、夏も終わりですなぁ。。。

小さい頃、お盆を過ぎて海に入ってはいけません、と教わりましたが

ちょっとだけ禁を破りました、ごめんなさい。。。。

 

で、夏の終わりといえば読書感想文!

昔、読んだ本をある飲食店さんで偶然手に取り、思わず全部読んでしまいました。うーん、久しぶりに読んでも面白かった!やや、美化しすぎかもしれませんけど、エジソンはスゴイなぁとしみじみいたしました。

当時の定価は400円くらいだそうで、時代を感じます。

息子にも読ませたい! 今度買ってみようかな?

 

ということで、息子を連れて夜の母校へ。

日本の大学に行かせる気は(今のところ)無いのですけど

大学の図書館がどんなところなのかを息子に教えたくて警備のオジサマに許可とって夜の散歩。

あいにく夏休みなので、閉まっていましたがビル丸ごとが図書館のスケールはさすがマンモス大学!しかももうひとつ新しい図書館もある様子。その場を説明しながら、いかにお父さんは大学時代に一所懸命勉強したかという、嘘を教えてあげました。

帰り道、少子化の中で健全経営を続けながら成長していく母校の様子に、近い将来、この大学構内に私達がデザインした記念庭園を作らせていただけるような、そんなイメージをもちました(勝手にね)。

そのためには、目の前の仕事とデザイン、結果に対して貪欲であろうと考えるようになっています。

夏の終わりの小さな?私達の夢。

私達は夢と同じ物質でできているのだ!(テンペストより)

 

うーん、寒い。。。こんな台詞が出てくる自分に寒い。。。

さすが、夏の終わり!