3月なのに如月のこと

過去の日記より いけばなについて

如月(きさらぎ)二月のことです。
語源は寒くなるので何着も着物を重ねて着ることから「布更着」から来ているとか、気持ちが春を待つので「気更来」とか諸説あるみたいです。うろ覚えのメモを片手に書いてますので、間違っていたら教えてください

他の呼び方に「梅見月」とか「初花月」と言われるように冬の終わり、梅の花が咲き始め、春の花が咲き始める月とも言います。

で、紅梅を生けてみました。


紅梅ははっきりした赤が雪に映えるといいます。
で、カスミソウが雪の代わり。


平安的な紅梅と言われます。白梅と異なり優しい枝、花です


聞きかじった話ですが昔の言葉に以下のようなのがあるそうです。
「あてなるもの(上品で美しいもの)」
・藤の花(春が楽しみです)
・水晶の数珠
・雪の積りたる梅の花

日本の風土にあった生け花。春と秋は移り変わるものの美しさ。夏や冬はかわらないものを生ける。
下手糞だけど、なぜか好きなのが生け花なのです。

もっといろんなことを学びたい。