ある経営者の言葉

こんなんでました!

サントリーの佐治社長の記者会見の言葉。好きだなぁ・・・。

以下、記者会見の様子から抜粋

—————————————————-

経営者は物価をあげなければならないといいながら懸命に

安売り競争をしている。結局は経済が良くならないので、

消費者のためにならない。もう少し利益を出し、税金を納めて

社会に還元する経営姿勢に転じていくべきだ。

 自由競争で勝ったらいい』という時代は終わった。

経営者は、国のため、世界の人々のためにどうしたらいいか

を考えなければならない。

 日本の日銀に相当する米連邦準備制度理事会

(FRB)が2%のインフレ目標を導入したが、「国内

でも必要。1%台では足りず2%は最低の数字」

 消費増税の論議については「将来的には15%ぐらい

にしなければ社会保障は成り立たないが、景気が悪い

ときの増税は問題」と厳しく批判。代替案として、相続税

を一定期間、ゼロにすることで「若者にお金を使ってもらう

施策が必要。官僚には『損して得を取る』という発想がない。

これまで税金を上げれば、そのまま税収が増えるという考え方

で失敗してきた。

—————————————————————–

うーん、ここまで言ってくれて、なんだかうれしい!

よし、わが社も税金いっぱい払える会社になろう!!

 

先輩経営者に言われた言葉

「税金の川を渡れ!」

がんばる!