HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >あなたが噛んだ おゆびがいたい

あなたが噛んだ おゆびがいたい

犬を飼うということ

我が家は警察犬の嘱託をやっている関係もあって

犬が何頭もいたりします。

ジャーマンシェパード、強くて怖くて、しかも親父以外にはなつきませんし、そう訓練されています。

 

その中で唯一私にもなついていたのが雑種のチェリー。

 

白くてフワフワでかわいくて。

 

我が家を15年ほど一緒に守ってくれていました。

 

去年から、もう長くはないだろうなぁと思っていました。

数日前から細く唸るように苦しい声をあげていて

私達家族も眠れない夜でした。

 

写真はもう何も食べなくなって、そんなチェリーに手で水を

鼻先に持っていてあげたとき。最後の力を振り絞って水を呑もうと頑張った時に全力で噛まれた傷です。今ではこの傷が愛おしい・・・・。

 

クリスマスイブに静かに息を引き取りました。苦しい泣き声が聞こえなくなったことに、私は正直な気持ち、ホッとしました。

 

死ぬ前日、家族みんなで最後のお別れ。

頭を撫でて、もう頑張るな、と泣きそうになっていた私。

 

犬を飼うということは、こんなことです。

 

【供が生まれたら犬を飼いなさい】イギリスの諺

子供が生まれたら犬を飼いなさい

こどもが
赤ちゃんの時には、良き守り手となるでしょう

こどもが
ちいさな時には、良き遊び相手となるでしょう

こどもが
少年の時には、良き理解者となるでしょう


そして子供が大きくなった時…
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう

—————————————————-

またいつか、犬を飼いたい。