HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >ガーデンワールドカップの思い出(アヌーク編)

ガーデンワールドカップの思い出(アヌーク編)

ハウステンボスでの出来事

先日終了したハウステンボス・ガーデニングワールドカップで

わが社が施工させていただきましたスイスのアヌークボーゲルさん

の作品。夜はとても美しい仕上りとなっています。

大会途中の安心しきった私とアヌークさん。

この作品を作るためにたくさんのドラマがありました。

はい、初公開!ハウステンボスの会議室での作業!!

映ってるのは左からカメラマンのユルン氏、通訳の藤田さん、井上さん、アヌークさん、渡邉さん。心霊写真のように右端にいるのはぷらざのスタッフ君。

 

はい、この写真だけ見るとめちゃめちゃ楽しそうですね・・・。

・・・楽しそうです。・・・・そう、アヌークさんと僕以外はね。。。。

ぷらざ編集長、スタッフの皆さんです。

 

折り紙→紙→ぷらざという、日頃お世話になります人たちを

無理やり動員して延べ20人弱のヘルプをいただきました。

高校の剣道部の友人達も手伝ってくれました。

職人さんたちもなれない手つきで折り紙作業を手伝ってくれました。

 

どうして、直前にドタバタしたのかって?聴かないでください・・・。

準備していたものが、直前になって変更になることって・・・・たまに

あることなのですから。。。。わが社の職人さんの気持ちがよくわかった気がします。

そして・・・徹夜を繰り返しながらむかえた

完成当日!朝の6時から7:30まで作業してど根性で完成。

全身の力が抜けた記憶しかない。

 

その後

パーティの時のツーショット写真。

 

いつか偉くなって自伝でも書くとしたら

 

思いっきり書きたいと思います。テーマは

「忍耐と絆」って感じで。