英語の勉強

車の中でお勉強

車の中でいつも流れているDVD。

大好きな『オペラ座の怪人』 です。

いったい今まで何度観たことでしょうか?

 

ロンドンでは「Her Majesty theater」まで観劇にまで行き

ロイドウエバーの元奥さん サラ・ブライトマン版から劇団四季

まで、それはそれはたくさん観てきた作品です。

 

なんでそんなに観るのか?

 

そう、英語の勉強です。

 

ヒアリングとスピーキングを兼ねて、台詞も暗記するくらい観た作品だからこそ、歌いしゃべりながら聞くのに丁度良いと思ったから。

 

目的が明確ならば、どんな方法でも学ぶことはできる。

 

この歳になって、英語の勉強というとこんな勉強しか考え付かないのが良いのか悪いのか。

英会話のジ〇スに高校時代通ったものの、英会話はまったくできなかった僕が、この歳になってフェイスブックやネットで海外のデザイナーさんと繋がれるのは、やはり英語のおかげです。

 

ガーデニングの関連書籍もアマゾンで購入(円高でお得!)し、英語の本を読むと面白い発見があります。

例えば、日本庭園を海外の人が説明している言葉を読むと、下手な日本語で書いてある本よりはるかにわかりやすい(英語はシンプルな表現が多いから)。

英語を勉強すると、気分転換にもなっていい感じですし。

何より脳みそが稼動している感じが好き。

 

今日もひたすら「オペラ座の怪人」でジェラルドバトラーの気分で車の中でブツブツ・・・。そう、「怪人=ファントム」の役です。

 

芝居っ気出している自分が少し恥ずかしいけれども、なかなかどうして辞められない、そんな最近の気分転換の話でした。