HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >もうどうにも止まらない(笑)

もうどうにも止まらない(笑)

施工中の一コマと思ってること

空間を創る仕事をしている、という自負があるためか

(まぁ、誰でもこの仕事の人ならば当たり前か)

自分の手でやらないとダメだと思ってしまうことがしばしば。

せっかく職人さんが懸命に作ってくれたのだから

最高の仕上げをしていきたいと思うのは仕方がないはなしで。

この石積みのベンチ、なかなかいい感じでしょ?

必然性、という奴が大切です。

なぜ、そこでこの石なのか。木なのか。間なのか。

言い換えるならば、哲学です。

木陰をつくって

『もう少し、木の下で話したくて』という僕らのストーリーを

この場所に込めたい、と考えたり。

部屋から見える部分を、どのように演出しようか、と

心悩ませたり。

 たんなる外構工事屋さんのつもりもエクステリア屋さんの

つもりもない、そんな僕らにしかできない空間つくりを極めたい。

 

出来上がった瞬間が一番キレイな状態ではなく、年月を経て

味のでる空間になって欲しい。

 

先日、とても素敵な話をいただけました。全国でもこんな恵まれた

話はなかなかないでしょう。書ける様になったら日記に書きますね。

世界とつながれる仕事、なかなかこんな機会はありません。

一兆円企業の経営者と直接仕事の話ができる幸せと運や縁。

「恍惚と不安」まさにその状態を楽しんでいます。

 

今日も東京からある「招待状」が届きました。

どうしようか、悩ましいお話です。

 

月末は東京で大好きなアーティストの勉強会に参加します。

業界のセミナーもいいですけれど、刺激のレベルが違います。

何が違うのか、それは「感性」という数値化されない世界です。

 

ついていくのがやっと、どころか全くついていけないくらいのレベル

を肌で感じることはとても大切だ、と信じています。

 

たまにお客様を???と思わせてしまうようですけれど(笑)

もうしかたがないと諦めていただくしかないようです。

 

なぜならもう、止まらない・・・みたい。。。

 

いやぁ、毎日ヘトヘトですが、本当に幸せな毎日です。