HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >ワンコ目線で庭を眺める

ワンコ目線で庭を眺める

ロックではなく、ロンという名のワンコから見たお庭

ある暑い夏の日のお庭に、ご主人様に短く毛を刈られた

一匹のワンコがおりました。名前をロンといいます。

 

「うん?何か変わったようだよ?」

ロンがお庭に出るのは久しぶり。だから梅雨の間に

お庭が少しずつ変わっていく様子に気付かなかったのです。

「うわぁ、気持ちよさそうだ」

嫌いな毛虫がいたモミジの木は消毒されてもう毛虫はいません。

 

変わりに足元にいっぱいのお花が咲いていました。

ご主人様は壁に埋め込まれたステンドグラスがお気に入りだけど

僕はこの青いお花が大好き。

宿根ロベリアと青のトレニアが爽やかです。

色とりどりのお花も、ご主人様から見たら小さな小花だけど

ロンから見たらきれいなお花のカーペット。

芝生のベッドは短く切った毛の僕には少しチクチクするけれど

お庭に新しくお友達になったモミジの足元に木陰ができて

少し嬉しい。

さ、もういっかい寝よう。

涼しくなったらお庭で何して遊ぼうかな??