HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >63歳vs14歳、神埼中学校でのお話

63歳vs14歳、神埼中学校でのお話

地元の神埼中学校の二年生の前でお話。

ドヤ顔の私の父。五時間目の中学生達。

 

そう、今日は私の父の話。

 

父は趣味が高じて佐賀県警の鑑識の嘱託で警察犬の指導を

行っております。

先日、テレビや新聞で、行方不明者の捜索でお役立ちできた事を

大きく報道していただいて、その話を通して得たものを中学生に

お話していただきたいと、ありがたいお話をいただけました。

 

で、上記の写真。

 

まぁ、なんといっても自分の父親が中学生の前で得意そうに

シェパードの話をする様子を見ていて、まぁ、恥ずかしい・・・。

 

けれど、まぁ、いいこと言ってる!中学生に伝わるかどうかは

別にして、まぁ、いい話だし、トーンだし。

 

しかし、63歳が14歳(中学二年生)に向かって

「人生は楽もあれば苦もある。そして苦もまた楽し」というメッセージ

を発信する際に、美空ひばりさんの「愛燦々」の歌詞を例に出し

 

そして、まさか、サビを歌う、という演出をするとは思わず

 

そして、まさか、サビを二回歌う、という演出になるとは思わず

 

そして、まさか、歌詞を少し変える(間違う?)というテクニックを

使うとは思わず

 

写真係の僕は心の中で「あ”-」と叫んだのは仕方がない。

まぁ、仕方がない。。。。

最後に丁寧なご挨拶まで受けて、恐縮している、の図。

 

しかし、息子の立場で聴いても、いい話だったよ。

何か少しでも子供達の心に残っているといいね。

 

こんな機会を与えていただけました神埼中学校の先生達に

感謝いたします。ありがとうございました。

生徒の皆さんも、ありがとうございました!!