ビャクダンが好き

『栴檀は双葉より芳し』

栴檀(せんだん)=ビャクダン(白檀)のこと。

お線香の原料としても有名な樹種。

もともと熱帯の常緑樹で香木としても価値が高い。

 

冒頭の意味は、ビャクダンは芽が出たときから香りが良いと

言われることから(実際は違うみたいだけど)転じて

「出来る人間は小さい時からよーくできるもんだ」となる。

 

ビャクダンの香りが好きで、よく嗅いでいる。

不思議と落ち着くのが良い。

 

線香くさい、と笑われるかもしれないけれど、それでもビャクダン

の香りが好きなんだからしかたがない。

 

沈静作用もあり、心を落ち着かせることができるそうです。

年寄りくさいかな?

 

今日、お客様に言われた言葉。

「野田さんって、HPの写真より実物が若いんですね」

うーん、そんなに老けて見えるのかいな、HPの写真は・・・。

 

もしくは実物が浮いて見えるのかしら。。。少し悲しい・・・。

 

それだけを言いたくて、ビャクダンの話を書きました。