湿った詩

中島みゆきをたまに聴きたくなるのはなんでだろう

仕事中にボケェっと音楽を聴くのですが、気分、体調、おなかの

空き具合で変わっていくもんですよね。

KARAやAKB48からアフリカやブルガリアの民族音楽まで

幅広い種類のCDが事務所の棚に収まっています。

 

朝は晴れていたのに、昼から少し曇り始めた今日の空。

昼ごはんを食べて少しゆっくりした時間に図面を描き始めます。

 

今日のBGMは中島みゆきさんのアルバム「真夜中の動物園」。

 

一曲目の「今日以来」の歌詞(愛されたがりは罪作り)に反応。

12曲目の「愛だけを残せ」に背筋が伸びたり。。。

 

かつて親交のあるとされる松任谷由美が中島みゆきを評して

「せっかく私が乾かした洗濯物を またジトーと湿らせるコヌカ雨」

のようだと言ったとか(悪口じゃないみたい)。

 

心が少し渇いているときには、こんな歌が聴きたくなる。

心が詩を求めているときがある。

 

そんな時にはじっくり、上質の歌が聴きたくなってしまうのでしょうね。

「せっかく乾かした洗濯物を、再度湿らせる歌」と言ったそうです。