剣道少年

剣道の話

嫌々始めた剣道だったけど。

本当に好きだったのか分かんないけど。

小学二年の9月から始めた剣道で

いろんな経験もできたし、仲間もできた。

僕の自信のほとんどは剣道で得た経験体験から。

 

写真を整理していたら、始めた頃の道着姿の写真が。

昭和55年9月と裏に書かれている。

嫌だなぁという表情。昔の自宅の様子も懐かしい。

そして何より子供時代の僕が愛おしい。

「大丈夫、辞めなければなんとかなるよ」と伝えたい。

うん、ここからいろんなことが動き出して今がある。

 

先日、長男が「剣道をやりたい」と言いだした。

それまでは何も強要していないし、しなくてもいいやと

考えていた。

けど、長男の発した希望はなぜだか僕まで幸せにした。

嬉しいな。

よし、パパも素振りでもやろうかな?

四段、めざしてみようかな?

なんだかとってもワクワクしてきた!