頭の中を歌が鳴る

過去の日記より。

朝の散歩

山が近くにある我が家

最近、朝の散歩が大好きな私です。

朝日が東の空から佐賀平野に差し込んでくる様子を
少し高いところから見ていると、しみじみと頭の中に
流れてくる音楽があります
——————————————————
「What a wonderful world」ルイ・アームストロング
              (訳詩 野田)細かいことは言わないで


I see trees of green,red roses too,
(木々の緑、バラの赤も)
I see them bloom for me and you.
(僕や君のために咲いているね)
and I think to myself,
(そんな景色を見て、一人でこんなこと思ってた)
What a wonderful world.
(なんて素敵な世界なんだ!ってね)
I see skis of blue.and clouds of white.
(青い空、白い雲)
The bright sunnyday,the dark say good-night.
(明るい昼間に、おやすみっていう暗闇も)
and I think to myself,
(そんなこと見ていたら、やっぱりこう思うんだ)
What a wonderful world.
(なんて素敵な世界なんだ!)
The color of the rainbow, so pretty in the sky.
(空にかかる虹の色、とてもきれいだね)
Are also on the faces of people going by.
(道行く人々の顔もとてもきれいだ)
I see friend shaking hand,saying”How do yoy do”
(大切な友人が握手をしながら”元気かい?”って言うのは)
They’re really saying “I love you”
(僕には分かってる。本当は”君の事愛してるよ”ってことだって)
I hear babies cry,I watche them grow.
(赤ちゃんが泣く声が聞こえる。僕は彼らの成長を見守るだろう)
They’ll learn much more than I’ll ever know.
(きっと僕が学んだより、たくさんのことを彼らは学ぶだろう)
And I think to myself.
(そして僕は一人思うんだ)
What a wonderful world.
(なんて素敵な世界なんだろう。この世界は本当に素晴らしいってね)
——————————————————-
ずっとこの音楽が流れています。

身近な平和や幸せの積み重ねによって、世界の平和があるように。

そして、この世界に生まれてきた喜びを噛み締めていたいものです。