不便を楽しむ

過去の日記から。

2010年06月

<!– –>
2010年06月30日18:53
カテゴリ
風花日記

青春よもう一度???少しだけでOK!

久しぶりに手にしたCDはサザンオールスターズの原由子さんの 2枚組ベストアルバム「ハラッド」 ハラッド(初回限定盤) ハラッド(初回限定盤) クチコミを見る 梅雨空を車で走りながら、懐かしいメロディと優しいボーカルに一足先に 夏を感じてしまいました。そして、初夏の京都に行きたくなったのは「京都物語」という歌に刺激されたから。。。。 そうだ、京都へ行こう 大学時代の夏のBGMはサザン。。。。 だからと言って大したことはしてないけれど、思い出はなんで美しく思い出されるのでしょうか・・・艶っぽい歌詞に憧れ、海へ山へ飛び回ったあの頃の自分に、一日くらい戻ってみたいと思いますが、やっぱり子供たちがいるパパが子供に嫌がられながらBGMにサザンで海へ行く、そんな姿が一番お似合いなのかもしれません。 最近、音楽を昔ほど愛せなくなっている自分が寂しいなぁって感じていましたが 何かのCMであった「人は10代で口ずさんだ歌を一生口ずさむ」という台詞の通り、久しぶりに聴いた音楽は記憶に翼を与えてくれました。 そんな話を今日お客さんとしてたら 「私の10代は野口五郎だったわ」とのことで・・・・。 ちなみに野口五郎さんと僕は同じ誕生日です
  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ! 4拍手 <!– –>

    2010年06月27日12:02
    カテゴリ

    風花日記

    携帯電話水没・・・

    九州地方は大雨による被害がここ数日報告されています

    そんな中、この程度の被害で大騒ぎしてしまうのも何ですが・・・

    昨日、雨合羽を着て現場作業をしていましたところ。。。。

    胸ポケットに入れていたドコモ携帯が胸ポケットの中で水没

    してました。。。。うんともすんともいいません。


    ドコモショップに行き、しかたがないので機種変更しました。


    が、一番の被害は580件以上の連絡先が消滅しちゃったこと。

    地元の友人だけでなく、本当にたくさんの人たちの連絡先が。。。

    お客様のお名前から何から全て消えてます(会社のDBにはあるけども)

    だから、多分、データが復旧できるのを祈るだけです。。。


    この日記を読まれた方でメールをご存知の方、ご連絡くださいね!

    さっぱり誰が誰だか(妻の番号さえ知らないことにビックリ!)
    陸の孤島状態ですよ。。。

    今度の携帯は「防水タイプ」!!!

    今度は落としたりしないように気をつけなきゃね!
  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ!

    0拍手 <!– –>

    2010年06月27日11:49
    カテゴリ

    施工例

    お庭にあるもの

    雨の日でもお庭に出るのが楽しみになるような



    丸く開けた窓から覘くお庭の風景は家族の成長と同じように
    少しずつ変わるものかもしれません。



    季節の花を楽しむだけでなく、お庭の風景が変わっていくことを
    楽しめるような。そして、何かを気づける場所。それがお庭。


    お庭の向こう側に何がある?緑の葉や、大小さまざまなお花、枯葉
    や毛虫、カエルや小鳥。自然が凝縮された空間に生老病死、美と醜
    幸福と煩わしさ。いろんなものが集まっています。


    『一輪のお花で 世界が変わる』


    たくさんの変化の中で、大切な自分の世界観が広がるような

    そんなお庭を作っていきたいと願います。   
  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ!

    5拍手 <!– –>

    2010年06月25日08:13
    カテゴリ

    風花日記

    男子三日会わざれば 

    『男子三日会わざれば刮目して見よ』という言葉があります。

    男は本気でやると、三日で大きく変わるから、しばらく会っていない
    男子と会うときには、しっかり目を見開いて会わなければならない。

    そんな意味で、好きな言葉でもあります。

    これを言い訳にすると「俺はまだ何もやってないから」というダメな奴
    になってしまいますけども。。。。。


    サッカーワールドカップ日本代表。
    誰が決勝トーナメント進出とか予想していたでしょうか???

    嬉しいニュースだし、ありがたいことなんですけど

    まさかここまでやってくれるなんて、本当に嬉しい誤算!

    早朝から大喜びしてしまう自分が好き

    日本代表は試合の度にしぶとくなっているような気がします。

    よく勝負と試合の話で出ますけど、10回戦って9回負ける力の差が
    あったとしても、1回勝てるチャンスを本番で出せる運があれば良
    いのです。

    『勝ちに不思議の勝ち有り。負けに不思議の負け無し』                   元楽天監督 野村克也氏

    多分、この数週間で大きく成長している日本代表の皆様。

    このあとも頑張っていただきたいものです。

    眠い目をしっかり見開いて、応援せねば!

  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ!

    4拍手 <!– –>

    2010年06月23日06:58
    カテゴリ

    風花日記

    父はスゴイ! だから頑張る!!

    先日のワールドカップ、オランダ戦当日(19日)父の日の前日に
    日経新聞や朝日新聞に全面で掲載(広告)されていたのでご覧にな
    った人も多いかと思いますが、何日経っても心が震えるのでご紹介。
    (以下、引用)
    ——————————————————

    南アフリカの父へ

    お父さん、元気ですか。

    ごはん、ちゃんと食べていますか? ちゃんと眠れていますか?

    お父さんが岡田監督として難しい顔をしている姿、毎日テレビで見ています。

    たいへんな時が続きますね。

    日本中の人の夢や期待を背負ったチームの監督として

    ピッチに立っているお父さん。

    私には想像もつかないようなプレッシャーと闘っているお父さん。

    この間の試合の後、ますます厳しい顔をしているのを見て、

    お父さんらしいと思いました。

    お父さんが誰よりも真剣に、サッカーを考えていること。

    サッカーを愛していること。

    そして、覚悟を持って仕事をしていること。

    私は知っています。 だから、信じています。

    今日はいよいよオランダ戦ですね。

    南アフリカのお父さんに、私たち家族ができることは少ないけれど

    精一杯、応援しています。


    いつもありがとう。

    お父さんは、私の誇りです。

    娘より

    ——————————————————-
    僕も含めてワールドカップ前の岡田監督と日本代表の評価って・・・・・

    メディアを通して見る監督は何考えているのかわからないし
    FWは得点できないし、試合も面白くないし(個人的にね!)って。。。


    よく考えたら(考えなくても)、岡田さんも一人の覚悟を背負ったパパ
    なんだ、って当たり前のことに気づかされた広告でした。

    メディアやインターネットで自覚無き批判や中傷がありますが、その事で
    傷つく家族や関係者がいることを忘れていました。


    投資家のバフェットが自分や社員に対して行う『新聞テスト』というのが
    あるそうです。

    それは前日自分がしたことが翌日の新聞に載ると考えた場合、それを読む
    自分、家族、親戚、関係者がどのように感じるか、を意識して毎日を過ご
    し、意思決定しなければならない、というようなものです。

    南アフリカの岡田監督は、それを承知で覚悟を決めて頑張っているのです。
    勝てば官軍、負ければ・・・。日本で祈るしかない家族は、新聞やテレビ
    をどのような気持ちでご覧になってるのでしょうか?

    四年に一度のサッカーファンの私なんかが居酒屋で大げさに嘆きます。

    誰よりも真剣にサッカーを考えている監督や、選手たちは反論したいのを
    我慢して、黙々と結果を出すために努力しているのでしょう。それを支え
    る家族や関係者たちは、どんな想いをメディアに抱いていたのでしょうか?

    サッカーだけでなく

    子を持つ親である全世界のパパは、自分のため、家族のため、社会のために
    一所懸命頑張っているんですね!

    私は私ができることを、覚悟を持って一所懸命頑張らなければ!


  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ!

    1拍手 <!– –>

    2010年06月22日06:16
    カテゴリ

    風花日記

    幸せな時間

    美しい風景を見るのは一瞬。

    けれど、その風景を大好きな人と、また、大好きな子供達と
    一緒に見て感動した思い出や笑いあった記憶は、その人たち
    の心の中にきっと一生残ります。

    幸せな時間は一生モノ、お金で買えないモノですね。

    その時間は特別な場所でなくても、もっと身近な場所でも
    溢れていることでしょう。

    そう、それが我が家の庭であっても。


    家族とすごす一瞬一瞬、その時には気にも留めていなかった事でも
    ある瞬間にフッと思い出すこともあるでしょう。



    縁側のデッキに立ち、水遊びをしてびしょぬれになった子供を
    笑いながら叱る。
    反省したそぶりを見せながらも、すぐにシャボン玉がうまく
    できないと母親にせがむ息子。

    シャボン玉がはじけるまでの時の流れは一瞬でも、母を見上げる息子の
    眼差しを母は一生忘れることはないだろうし、息子も忘れないでしょう。

    美しい庭でなくてもいい。子供達との時間を一緒に過ごせる場所があれば
    それだけで、幸せなのかもしれません。

    こんな景色を、どれだけ家族の中に残せるのでしょうか?

    僕はいつもそんなことを考えているのです。

    この幸せな時間を、もっともっと感じていたいから。
  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 1 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ!

    2拍手 <!– –>

    2010年06月20日16:20
    カテゴリ

    風花日記

    植栽現場風景

    梅雨の晴れ間に植栽を少々・・・・

    合計8人の職人さん達が右へ左へ


    石の壁やアプローチがやっとイキイキしてきました。

    お庭に森をつくろう、をテーマにたくさんの樹木、植物を用意しています。

    さ、完成までもうひと頑張り!

    三年後の森(メンテナンス難易度は低く)を目指してみましょう!

  • kazahanasagakazahanasaga
  • コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) この記事をクリップ!

    0拍手 <!– –>

    2010年06月18日08:22
    カテゴリ

    風花日記

    芝の美しさと不便さ、そこから庭を考えて・・・・

    高さ1.6メートルの壁の前にノムラモミジ。裏にはヤマモミジ。
    足元には芝生の直線ラインがアクセントになってます。


    こちらはお隣との目隠し壁に、得意の芝の丘。


    曲線がいい感じの芝になりました。
    ——————————————————–

    芝生って面倒って声があるし、それも事実の一つでしょうけど、なんだか
    そういった面ばかり目がいってしまって、真砂土がそのままになっている
    お庭が多いのが、少し寂しいと感じるのは僕だけではないでしょう!

    僕らが小さい頃のお庭には、たくさんの木や花、草、虫、カエルなんかが
    ある、いるのが当たり前で、それを室内に持ち込んでは叱られていた記憶
    があります。友達の家に遊びに行って、そこの大きな木の下で夏を過ごし
    た思い出もあります。

    先日その友人の家に立ち寄った時、大きな木だと思っていたカシの木は
    そんなに大きかったわけじゃなくて、子供の目線から見た思い出の風景の
    贅沢さ、豊かさに、心が震えました。

    不便を我慢すべきではないけども、庭の木や花に一日に少しだけでも想い
    をむけてあげてもいいのではないかな?って思います。

    今朝の小学校の登校で、お庭のお花を新聞にくるんで持っている女の子
    を見ました。雨の中、大変だろうけど、その小さな体ほどある大きな花の
    束を持たせた親御さんの気持ちを想像して、少し豊かな気持ちになりまし
    た。