私の履歴書 から

過去の日記より。日経新聞の記事より

私の履歴書

日経新聞の一番最後のページに連載されている「私の履歴書」。

著名な人々の様々な人生のエピソードを知ることができて、好き。

今朝は、ある哲学者の先生の連載最後のページでした。

年配の方(語るべきエピソードがある人達)ですが、まだまだ
これから読みたい本があり、書きたい言葉があり、知りたいこと
がある、と熱く語られています。

年を重ねるって、素敵なことだな、って思います。


私の履歴書

ならば、自分自身はどうなのか?って自問すると・・・・・・

70歳になったとき、このような機会があったときに(もしも、ね)
スチャラカチャな人生だったらどうしよう・・・・と不安になり
ます(勝手にね

人生、これでいい、って思った瞬間にダメになると言われます。

現状に満足することなく、更に高いレベルを求め続けていかねば
なりません。

大リーグで活躍し、10年連続200本安打を達成したイチロー選手
について、なぜ彼はその偉業を成し遂げられたのか?という質問が
先日の経営者の勉強会でありました。

大人の勉強会に「正解」は無いと言われます。
私は「イチロー自身が求める理想があり、その過程が200本安打
なのだ」と答えました。

正解か否かは問題ではなく、その意識は僕の意思なのだ、と実感
しました。

まだまだ途上の僕ですが、3年後、5年後、10年後、いつか死ぬ時
まで、勉強しつづけ、成長でき、良い結果を周囲に与える人間に
なりたいものです。