HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >映画「ノッティングヒルの恋人」が好き

映画「ノッティングヒルの恋人」が好き

好きな映画と好きな街ロンドン。

ノッティングヒルの恋人が好き

 数年前にヒットした、ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント主演の映画「ノッティングヒルの恋人」が大好きです。ロンドンのノッティングヒルを舞台にした現代版「ローマの休日」。ヘップバーンの作品も名作ですが、ロンドンかぶれの私には現代版がお気に入りなのです。なんといっても最後にコステロが歌う「She」。バートバカラック?版より美しいアレンジで、嬉しくて涙が流れるような素敵な曲です。

 今回ロンドンの最終日、飛行機の時間まで余裕があったので雨の中、映画の舞台となった場所を散策できました。マーケットが開催されている日ではなかったので、町は静かなものでしたが、フラット=アパートの入り口がパステルカラーで塗られているところや、日本でも有名なファッションブランドのお店が突然現れたり、またゆっくり歩きたいなと思いました。

 雨の中、ガーデニングの仕事に使えるようなネタを探し回っていましたが、町を歩くときの鼻歌はもちろん「She」。ずっとずっと頭の中でコステロが私のために歌います。ホテルがケンジントン宮殿の前だったのですが、次回は超高級ホテルの「RITZ]にしようかな?なんて無理なことを思いました。映画の中で結構重要な場所だったリッツホテル。ロンドン市民が一度は泊まりたいホテルだそうです。できれば三階のトラファルガースイート!詳しくは映画で確認ください。

 大好きな映画のことやロンドンの思い出?を書いていると幸せな気持ちになっていますが、これを書いている時間が夜中の3時55分。いい加減眠いなぁと思いますがもう一頑張り。頭の中ではジュリアロバーツが微笑み、ヒューグラントが励ましてくれます。そしてなんといってもエルビスコステロが私のために「She」を歌ってくれてます。初めてその映画を見た時には、今の自分は想像できない姿でした。仕事を通してロンドンに行く機会を得て、映画の舞台を歩くことができたこと、感謝します。

 現在作成中のガーデニングプランにノッティングヒルで見たアイデアをこそっと入れてます。佐賀市内に少しでもそんな風景を溶け込ませないかな?と思います。お客様が嫌がるデザインではないので、完成したらHPで発表したいですね!