HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >紋付袴一揃え、馬子にも衣装、いや日本人ですから

紋付袴一揃え、馬子にも衣装、いや日本人ですから

フォーマルな装い、これぞ日本!

ご自宅のお庭をデザインさせていただいたご縁で、紋付袴一式を仕立てていただきました。

 

「ロンドンで着るフォーマルな服装、紋付袴でいきたいのですけど」

 

そんな無茶なお願いを聞き入れていただき

「日本人として恥ずかしくないようにしてあげるわ」と

さらに素敵な仕様で仕立てていただきました。

 

「だって、同じ神埼出身、恥かかせるわけにはいかないわ」

 

ということで、それはもう、きっちり作っていただきました

 

そうです、神埼の地で1900年に創業された女性ファッションの総合企業「鈴花」さん。

 

同じ、神埼出身とのことで本当にお世話になりっぱなし。

 

 

この格好でロンドンに行くのです。

 

クールジャパンを本当の意味で海外に知らせるには「萌え」も大事でしょうけど

本当の日本を知ってもらえることにはつながらないと思います。

 

まずは五月六日の講演会、これでがんばります。

 

本当の日本を伝えるために、鈴花さんから託された(勝手に託されたことにしますが)日本の美。

 

写真みて、「あれ?スーツより似合うんじゃない?」って思ったりしました。

 

身長181センチ、体重90キロ、剣道三段、茶道に関する名前、有田焼、めがね。。。。

 

日本人として紋付一式でアピールするためにはぴったりでしょう。

 

ロンドンの町を闊歩してやる!

 

 

で、さっき大叔母に着物着付けを教えていただき、これ、自分でやってみました。

 

着物、いいですね。背筋も伸びるし、なんだか嬉しい。

 

日本的なものを一言で伝えることは難しいけれど、着物を着こなすことで日本を体現できることもある。

そんなことを感じました。

 

ロンドン滞在約一ヶ月。

 

多分、最低5日は着ることになると思います。

 

衣紋掛け、もっていかなきゃ!

 

 

こんな素敵なきっかけ、チャンスを与えていただけた鈴花さんに感謝いたします。

ありがとうございます!