HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >【俺の】バラの鉢植えの植え替え方講座

【俺の】バラの鉢植えの植え替え方講座

ゆるーいロザリアン(仮免試験前)な私が、自分のバラを植え替えてみた。
ガーデニングの王道でしょう、バラはww

鉢の中で成長した我が家のバラたち。
図面を描きながら疲れた頭でこう考えた。
「そうだ、バラの植え替えしなきゃ」

ということで現実逃避と趣味と実用を兼ねた植え替えを急遽行った。

秋の花が終わり、バラは冬の休眠期なので、これからの成長のため春の花のために
大きなサイズの鉢に植え替えます。

用意するのはホームセンターで買ってきたバラ用の用土、水はけのための赤玉土
1サイズ大きいスリットタイプの水はけの良い鉢。
あとはハサミや移植ゴテなど自分の好きで必要なものを順次準備。

ポットから出してみると根がかなりグルグル・・・・。

ルーピングと呼ばれる現象で、このままだと苗が弱って
しまいますので、心を鬼にして根を切り土をほぐします。

こんな感じまで。。。
古い土を落とすと、長くなった根っこが!

これらは躊躇することなく切るべし!

ざっくり切るべし!

根が病気にかかっていないか、虫にやられていないかをチェック!
・・・得体の知れん卵があったけど、ありゃなんだろうか?いや、卵じゃないんじゃね?なんて独り言しながら作業続行。コガネムシの幼虫はいなかったけど、油断禁物。なにがあるかわかったもんじゃない。

台所ネットにボラ代わりの赤玉を入れて
口を結んで準備完了。

混ざらないようにするだけのことなんだけど、この作業
は最近の寄せ植えとかでも多くなってきてますね。
便利です。

鉢底に設置、続いてバラ用の土を入れていきましょう!

バラだけでなく水はけって結構大事です。

根腐れしないように、病気にならないように。

で、プラ鉢を使う理由は移動させやすいから。

冬はそんなに関係ないけども、花が咲く頃を雨が降ったら軒下に、風が強いときには軒下に、直射日光が強い夏の日には半日陰になんて移動が多いのです。

特にデビッドオースチンのイングリッシュローズなんかは雨が降るとパラパラと花が散ってしまったりするもんで。。。。ということで移動させやすいようにプラ鉢を(私は)使います。

こんな感じで高さを調整しながら用土を入れて

高さと場所決定。

隙間に用土を入れてあげて水をあげるために
ウォータースペースをとってあげます。

いっぱい土を入れちゃうと、水やりのときに溢れたり
見た目にも良くないんですよ。

ということで水遣りをして完了。

剪定して今年の春はどのくらい咲くのか
楽しみに、ちゃんと咲いてね、なんて
照れずにバラに伝えてあげましょう!

なんて乙女チックな気持ちになりながらも今年の花を
待つ下心(笑)

君は美しいねぇ。。。。今年も会えることを楽しみにしています!