Syugyokuの珠玉

チェルシーで使うsyugyokuの制作風景の一コマ

ご覧のように一つ一つ熟練の職人さんによる手作業で作ってもらっています。

 

左下の実物見本のようになるためには、このような手間を惜しむことなくコツコツ

仕上げてもらうのです。

 

一か月以上かけて作られたこのオブジェ。

「金襴手 古伊万里珠玉」と名付けられています。

世界にデビューが待ち遠しいです。