心に余裕を

感じたこと

仙台市に住む歌人の俵万智さんがtwitterでつぶやいた短歌。

『リツイート我もするなりツイッターは言葉のバケツリレーと思う』

 うん、その通り!!息子さんとも連絡がつかなかったそうで(今は再会できたそうだけど)そんな時に携帯を握り締め震えながらも歌を詠むことができた俵さん。

言葉の使い方のセンスは素晴らしいですね!

 

こんな時期、花を愛する気持ちはあっても、自粛する方向に気持ちが向くかと思います。趣味の時間を取ることに罪悪感を持つ人もいます。

けれど、こんなときだからこそ、心に太陽を、くちびるに歌を。

なかなかできない人もいるだろうけど、みんな頑張っていかなきゃなんないし。

とにもかくにも、西日本に住む私達はしっかりと経済の下支えをしなければいけないのです。ドンドン頑張ってGNPの下支えをし、復興の役に立っていかねばならないのですよ。

そのために、僕らは心にちょっとした余裕を持つことが必要なんじゃないかな?