一所懸命

今できることを考えます。

『一生懸命』と『一所懸命』、普段何気なく使っている言葉だけれども

少しだけちがう、と聞いた事があります。

『一所懸命』とは、今、この場所でできることを精一杯行うことだと。

その、「いま、ここ」を行い続けて『一生懸命』になれるということ。

メディアやネットではとても苦しい様子が私達に届きます。

いますぐ、被災地に飛んで行き、何かお手伝いをしたい!そういう想いに駆られることも少なくありません。

しかし、私は小さいながらも会社の社長ですし、社員さんやスタッフさん、職人さん、お客さん、業者さんにお世話になっています。また、家族の柱(例え思われていないとしても・・)です。佐賀を離れるわけにはいきません。

だから私は佐賀で、一所懸命に仕事をします。物資を送る準備をしています。わずかでも少しずつでも出来うる限りの義捐金を送らせていただきます。

今、この場所でできることを懸命に行い、自己満足とも偽善だと言われようとも(今そんなこと言う奴はどうでもいい人)、東北の地、日本の復興のために微力であっても頑張ります!!

『暗いと不平を言うよりも すすんで灯りを点けましょう』 

                       何かのテレビで見た言葉より