HOMEブログガーデニングと家族、ときどき「僕」 >【関晴子デザイン】Garden of Memory~記憶の底に眠る庭~作庭日記

【関晴子デザイン】Garden of Memory~記憶の底に眠る庭~作庭日記

ハウステンボス ガーデニングワールドカップフラワーショー2012において作庭させていただいたロンドン在住の関晴子さんの庭の工事風景。

施工開始から9日間で創っていかねばならないショーの舞台裏。

後方の壁は高さ1500mmほどありますが、後期、予算の都合で

ブロック積みではなくポスト&ビーム(要するに在来木造住宅仕上げ)で

壁を作りました。土の重さによる圧力に負けないような壁にしなければ

なりませんでしたが、なんとかなった!

池の中の防水工事終了後、ピンコロ石を積み上げていきます。

夜も夜間照明を出してなんとか工事完了まで。。。

完成後、デザイナーの関さんと庭のショット。

朝もやのなか、なんとも幻想的な仕上がりです。

オリジナルで作成したLED照明器具。いい感じで浮かんでいます。

これは流し雛や精霊流しなどの記憶の中の風景を表現しています。

人造大理石のステップ。これから私達の仕事でも使えそうです。

細かい説明はハウステンボスのHPをご参照ください。

【植物リスト】

雲竜ヤナギ・杉・シマトネリコ・エゴノキ・センダン・夏はぜ

ウメモドキ・シロバナハギ・キンシバイ・ユキヤナギ・アベリア

シルバープリペット・シロバナマンジュシャゲ・カゼクサ・エノコログサ

コウライシバ・ユーフォルビア・クラリンドウ他